MODライト復活?

バッテリーの交換を終え充電中、後の薄紫色のが古い内蔵バッテリー

 フォーカス・ライトとして愛用していたSun-rayのMODライト。とにかくコンパクトで、そのわりに明るくて配光性能もよく、とても便利に使っていたのですが、内臓Li-ion電池の寿命が尽きてしまったようで、点灯時間が10分も持たなくなってしまいました。買い換えようにもこの製品は2004年で製造中止、後継品のFix Light HG20DXという製品もあるのですが、やや大きくなってしまった上に値段も高い・・・。MODライトは水没などが多くそれで発売中止になったという話も聞くのですが、幸い僕のヤツはそういうトラブルからも一切無縁だったので、なんとかこれを復活できないものかといろいろ調べてみました。とりあえず、内臓バッテリーを引っ張り出し、ビニール被覆を剥いでみると、見たこともないような細長い電池が3本入っていました。ネットなどで調べてみると、これはノートパソコンなどに使われている186500、3.6Vという規格らしく、最近よく見られるノートパソコン用バッテリーのリフレッシュ・サービスではこのセルを交換しているようです。PCマニアのために、ネット通販されたものがあったので早速オーダー。価格は1本1050円、送料とも合計で3500円ほどでした。これで復活するなら、数万円の新品を買うことを考えれば安いものです。


こんな状態で配線は直接電池とIC基板にハンダづけされている。

 古いバッテリーをよく見ると、8×30㎜ほどのIC基板がついていて、そこから何本かのコードが直接バッテリーにハンダづけされています。最近、ハンダづけなどの作業はしばらくしていなかったので億劫でしたが、意を決して新しい電池を3本束ね、間違えないよう1本ずつ元と同じ位置にハンダづけしていきました。バッテリーには配線用のベロみたいなものがついているので、ここに接続すればいいのですが、Li-ionバッテリーにあまり高熱を加えるのは怖いので、手早く作業を行いました。おかげで少し慌てて、指にハンダごてを当ててしまい、軽く火傷をしてしまいましたが・・・。(^^;;
Panasonic製の新品バッテリー、安全性の高い国産メーカー品なのでその点は安心・・・

 案ずるより産むが易しで、作業は15分ほどで完了。おそるおそるスイッチを入れてみると、一応正常に点灯しました。次の問題は正常に充電できるかですが、充電器と接続すると無事充電中を示す赤ランプが点灯しました。そして、約2時間後、充電完了の緑ランプが点滅してひと安心。あとは、洗面台に水を張った中に入れ、点灯時間のテストをするのみです。3段階切り替えの最高照度にして15分ほど経過するまでは気にしていたのですが、ふと気づくとすでに50分経過。ライトはまだ点灯していましたが、すでに電池残量の警告が点滅し、照度はかなり落ちていました。うーん、何分まで最高照度を保っていたのだろうか。。。。 点灯時間は要再チェックですが、とりあえずは復活成功・・・かな?



“MODライト復活?”に6 件のコメント


  1. 44

    その電池はどこで手に入れたんですか。詳しく教えてくださいな。。。

  2. 魚っちゃー

    僕が購入したのは、代々木電気というネット通販です。
    http://www005.upp.so-net.ne.jp/seventh-heaven/index.html

  3. 44

    返事、ありがとうございます。
    さっそく注文して試してみます。

  4. 魚つちゃー

    先ほどもう一度テストしたところ、最高照度で45分間点灯が確認できました。
    カタログデータが50分ですから、ほぼ新品並みに復活ということですね。

  5. 44

    直ったぁ~!!ありがとうございました。
    でも作業工程の最初の段階でショートして火傷した・・・。
    バッテリーって怖いよ~。

  6. 魚っちゃー

    あらま、負傷者続出ですね。。。
    確かにリスクは高いし、ヘタすると大怪我につながりますので、
    こうした作業に慣れていない方は、ヘタに手を出さないほうがいいかも。。。
    ともあれ、復活おめでとうございます。