これも新種!

ワニゴチ 2005/8/21 赤沢

ワニゴチ 2005/8/21 赤沢

 周囲にスズメダイ好きが多いもので、コガネスズメダイが新種になったことは判りましたが、そんなことから改めて日本魚類学会のサイトを覗いたら、知らない間にいろんなさかなが新種になったり、学名が変更されていたことを知りました。勉強不足をちょっと反省した次第です。

 で、コガネスズメダイも意外でしたが、もっとおどろいたのが2010年の3月に記載されたワニゴチです。その少し前に発表されたナガレメイタガレイもそうですが、フィッシュウォッチングに興味を持ちはじめた頃から見ていたさかなが今更「新種」と言われてもなんだかなあ・・・という感じは、正直否めません。

 ワニゴチには、Inegotia ochiaii という学名が新たに与えられましたが、それ以前はI.guttataとされていたようです。ところがそれはイネゴチの学名であるCociella crocodiles のジュニア・シノニムであることが判り、ワニゴチは未記載種に戻された後、新種とされたわけです。

 詳しい経緯はよくわかりませんが、ワニゴチの学名に”Inegotia”が、イネゴチの学名には”crocodiles”含まれ、互いに逆転しているのは、両者が完全に混同されていたことを想像させます。よほど混乱していたのでしょうね。

 それにしても、スズメダイやハゼならダイバーからも注目されているので、まだ話題にもなりますが、こんな地味なさかなを数十年にも渡って調べて続けていた研究者の方の努力には、つくづく頭が下がると言うものです。



コメントは受け付けていません