ナンヨウカイワリ

ナンヨウカイワリ 08.25.2007 八丈島

■動画を見る(Windows media 3.8MB)■

「ナンヨウ」という名前から連想するせいか、これが目立ってくると「夏!」という気がします。ところが八丈島はご案内のとおり、この夏水温15℃を切ろうかという冷水塊に見舞われ、とても夏という感じではありませんでした。なのに、なぜかナンヨウカイワリをやたら多く見たのはどういう訳なんでしょう?それはともかく、このさかなはペアで泳いでいることが多いようです。上下の鰭をピンと伸ばして行儀よく並んで泳いでいる姿はなかなか凛としていてよいものですが、果たしてこれは「夫婦」なのでしょうか?ときどき、ペアのうちの一匹が真っ黒になっているのを見るのですが、以前どこかで聞きかじった記憶によるとこれはオスの婚姻色ということでした。以来ずっとそう思い続けていたのですが、しかし改めて調べて見るとそのような資料は見つからないのです。今回追いかけっこしているペアを見ていたら、黒かったのがみるみる普通の体色になってしまったので(動画参照)、いずれにしろ興奮度によって変化していることは間違いなさそうですが、うーん、どうなんだろう?



コメントは受け付けていません