アワセイソハゼ属の1種

アワセイソハゼ属の1種 09.24.2007 奄美大島

遅い夏休みで奄美大島に行っていたこともありしばらく更新が途絶えましたが、たくさんネタを拾ってきましたのでこれからは怒涛の更新モードに入ります(・・・って、本当か?) 今回は比較的余裕のある日程だったので、ビデオのほかに久しぶりでカメラも持っていきました。両方を持って潜ると頭がグチャグチャになってしまうので、1本ごとにどちらかに決めて入ったのですが、「武器」によって見るものが違ってくるのは面白いものです。カメラ目線で小物を探していたら、サンゴ岩の亀裂の奥に2cm弱の見慣れないハゼがいました。最初は背中側しか撮れなかったのですが、そのうち敵も根負けしたのか、しっかり真横を向いてくれました。画像を拡大してみると、スエビオタ(アワセイソハゼ属)の1種ということは分かりましたが、この仲間は数種が発見されていて、いずれも未記載種です。 「GOBY FRONTIERS」には4種が載っていて、そのsp.3に近いと思われますが、細かい特徴には違いがみられ、どこまでが個体差なのか、種の違いなのかも迷うところです。他では-30ぐらいと深めなところで撮影されているのですが、この子は-6mとやたら浅いところに居たのも気になるなぁ。



コメントは受け付けていません