セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ 03/21/2008 奄美大島

セボシウミタケハゼは八丈島でも伊豆半島でも見られるのですが、ついているホストもさまざまだし、体色にもいろいろバリエーションがあるので、見慣れない場所で見慣れないホストについていたりすると一瞬別のハゼではないかと思ってしまうことがあります。緑色のナンヨウキサンゴについているのは以前石垣島で見ていたので、奄美大島で同じホストを見たときも「たぶんついているな・・・」とすぐに見当がついたのですが、案の定ウジャウジャと大小さまざまのセボシウミタケハゼが見つかりました。ナンヨウキサンゴは水中ではドス黒く見え、ストロボを当てても黄褐色がかった冴えない色になってしまうことが多いのですが、今回は驚くほどきれいなグリーンが出ました。所詮水中での色なんて条件によってどれが正確なんていうことは言えないし、カメラの色調補正が派手すぎるという可能性も高いとは思うのですが、ま、きれいなぶんにはいいことにしておきましょう。(^^;;



コメントは受け付けていません