笑ゥせぇるすまん

キンセンイシモチ 04/28/2008 石垣島

連休前半に行った石垣島は、いろいろ面白い生態行動が見られたのですが、まずはビデオで撮影した画像を整理しないことには話が進みません。現在鋭意編集中ですので、もう少しカメラで撮ったネタでお茶を濁させてもらいます。(笑)
すでにさかなたちの繁殖シーズン真っ盛りの石垣島、キンセンイシモチも口の中で卵を守るオスたちがたくさん見られました。なかでも、とくにアゴのあたりが膨らんだのが居たので、口を開いた瞬間に卵が撮れないかと狙ったのですが、カメラを向けると後を向いてどんどん穴の中のほうに入っていってしまいます。しばらく格闘しましたが、諦めてふと下のほうを見ると、別のオスがこちらを威嚇するように見上げていました。こちらはさほどアゴも膨らんでいないのですが、半開きの口から卵が覗いています。カメラを向けても睨み返してくるので、写真は撮りやすいのですが、あまり大きくは開いてくれないのが癪なところ。。。。
よくよく見ると、卵には目のようなものも見えるのですが、銀色に光る卵ってなんだか歯みたい。どこかで見たような顔だな・・・・と思ったら、「笑ゥせぇるすまん」でした。(^^;;



“笑ゥせぇるすまん”に2 件のコメント


  1. 2ra澤

    ホントホント!笑うせえるすまんだ。
    テンジクダイの仲間って、
    口いっぱいに子供がいても必死で口を閉じてる派と
    ぽわんと口を開けてる派がいるのかなあ。
    奄美のネオンはぐいっと口を閉じているけど、
    あごやこめかみ目の下なんかに子供が透けて見えて、
    かなりつらそうな雰囲気でした。

  2. 魚っちゃー

    でしょ、でしょ!
    ちなみに「笑う」は「笑ゥ」が正解です。思わずネットで調べちゃった。(笑)
    まぁ、卵見え見えで、ボーッと口開いているのはさすがにあまり見ませんが、
    同じ種類でも、口は開けぎみのと閉めぎみのがいますよね。
    アゴを開く練習が足りないのか、それともメスの産んだ卵の量によるのか・・・?