穴の中に穴・・・

アナハゼ 06/07/2008 東伊豆・八幡野
movieicon.jpg
MPEG4 9.1MB

 ある程度予測がつく繁殖行動と違って、捕食シーンを見かけるのはほとんど運しだいですから、なかなか見たくて見られるものではありません。ダイバーがよく目撃するのは獲物をくわえたアカエソなどのエソ類ですが、伊豆でよく見られるアナハゼも同じような肉食魚です。海洋公園でスジコウイカの二次求愛を堪能して、夕方のヤマドリ産卵ウォッチに備えるべく八幡野に移動、下調べのつもりで明るいうちに潜ったのですが、そのとき出くわしたのがこの巨大アナハゼでした。水中で見たさかなの大きさはついついオーバーになるものですが、まあ控えめに言って15cm、見た目は20センチもあるのではないかという大物です。しかも大きく開いた口の中には、まだ生きている別のさかなが・・・・。ラッキーな日とはこんなもので、この後も含め、次々に驚きの見ものが目白押しです。
 さすがに口の中いっぱいに獲物をくわえて目を白黒させているアナハゼ、食われているさかなが何なのか確かめようと近づくのですが、これを嫌って岩から岩へと泳ぎ回ります。それをしつこく追い回し、疲れたところを狙ってクローズアップで撮影してみると、口の中にいたのはなんと同じアナハゼ。つまり共食いということですが、中のアナハゼも大きく口を開いてパクパク・・・というなんとも凄惨な光景! しかし、同じような顔が入れ子になっている姿は、なんかロシアの人形のマトリョーシカのようでもあり、思わず「可愛らしいなぁ・・・」などとも思ってしまったのでした。



コメントは受け付けていません