落選作

毎年この季節になると恒例の写真展「海で逢いたい」に出す作品のことで頭を悩ませます。とくに近年はビデオ・カメラを持って入ること多いので、写真じたいあまり撮っていないこともあり、「選ぶ」というよりも「なんとかひねり出す」という苦しい展開です。多いときは年間120本ぐらい潜って、デジ一眼に換えた頃などは1ダイブで100カット以上もシャツターを切っていました。それが最近では潜る本数も減り、さらにスチルカメラを持って入るのは年間20本あるかないかですから、タマ不足なのは当然です。しかも、腕もナマってカメラはどんどん下手になってるし・・・・。

というわけで、今年はなんとか数カットの候補をひねり出し、無理矢理1枚を提出したのですが、出す本人からして自信がないのですから、とてもそれがベストと言い切れる代物ではありません。というわけで、ドングリの背比べながらお払い箱になった「落選作」。せっかく苦労して選んだので、恥をしのんで紹介しちゃいましょう。

 
gonbe.jpg

落選作1 「color」

考えてみれば去年も苦し紛れに選んだのがオキゴンベの写真。だんだん動かない被写体しか撮れなくなってきているという証拠か?

 

irezumimizin.jpg

落選作2 「穴」

今年の写真展テーマは「穴」。テーマに沿うのはこれぐらいしかなかったのですが、こんなの絶対人とカブること間違いなし。

 

umikinoko.jpg

落選作3 「WAVE」

他に被写体が見つからなくて、ヒマつぶしに撮ったのですが、「作品」にしようという意図が見え見えのわりにはインパクト・ゼロ!


hatabed.jpg

落選作4 「柔らかなベッド」

同じウミキノコながら上の作品よりは「作為」がなくて好ましいと本人は思うのですが、賛同者少なし。やはり中途半端に大きいさかなは不人気かなぁ。横のウミウシにとくに意図はありません。

じゃあ結局何に決まったの? と、お思いでしょうが、ま、それは写真展でのお楽しみということで。ま、そんなに期待できるようなものじゃあありませんが・・・・。僕の出展作はともかく、他の方の作品は力作そろいですから、お暇のある方はぜひ足をお運びくださいね。

 

写真展「海で逢いたい vol.13

日程:2009年4月17日()~4月22日()

会場:大崎駅前・O美術館

http://www.f-web.jp/umideaitai/



“落選作”に3 件のコメント


  1. かおり

    はじめまして。
    富戸の波のリンクからとんで随分前から拝読させて頂いておりました。写真について腕を心配したり選び迷ったりするような事があるなんて……意外です。

  2. 魚っちゃー

    かおりさん、はじめまして。
    いえいえ、水中写真歴こそ無駄に長いですが、基本的にはフィッシュウォッチングの「記録」としてあまり深く考えずに撮っているものですから、いざ「作品」として出すとなるといつも悩みっぱなしなんですよ。
    「記録」ですから、ピントと露出さえ合っていればいいんですが、最近はすべてオートなのに、それさえ心許なくなっています。(^^;;

  3. かおり

    常々凄いなぁ……と、そればかりでしたが、それでもそんな言葉が出るのですか。私も潜って写真を撮っていますが、ヘタな鉄砲状態です。魚っちゃーさんでもそう言われるのなら、私など「また撮れて~」←でも当たり前かな……なーんて思いました。