赤い鰭

レッドフィンエンペラー 2013/10/27 石垣島

レッドフィンエンペラー 2013/10/27 石垣島

3か月半ぶりのダイビングとなった石垣島。今回初めて見るさかなも少なくなかったのですが、そのひとつがこの「レッドフィンエンペラー」というフエフキダイ科の一種です。近似種のヨコシマクロダイは、幼魚なら伊豆半島でも見られる普通種ですが、こちらは沖縄や八丈島などで確認はされているものの、まだ和名はついていません。体色も全体的に黒っぽいのですが、ヨコシマクロダイの幼魚は岩礁との境目の砂地にいることが多いのに対して、この個体は岩壁の側面にいることが多いように思えました。もう少し調べてみようと思って久々にfishbaseを当たってみましたが、あれれ?、Monotaxis属はヨコシマクロダイしか載っていないし、コモンネームで検索してもレッドフィンエンペラーというのは出てこないぞ? 魚類写真資料データベースによればMonotaxis heterodon (Bleeker, 1854)とあるので別種であることは間違いないのですが・・・。

ヨコシマクロダイ成魚 2013/10/28 石垣島

ヨコシマクロダイ成魚 2013/10/28 石垣島

ところで、レッドフィンというからには鰭が赤くなくてはおかしいのですが、この個体はどう見ても鰭の赤いところは見当たりません。きっと違うステージでは赤くなるのだろうと、ネットでいろいろ当たってみましたが、出てくる画像は同じような体色のものばかり。やっと見つけた釣り関係のサイトに載っていた成魚と思われる画像を見たら、確かに胸鰭と尾鰭が鮮やかな赤でした。上の画像のヨコシマクロダイ成魚(若魚?)と同じぐらいのステージですが、よくよく見るとこのヨコシマクロダイも鰭の先端が赤いですね。まさか、コイツもレッドフィンエンペラー??

 



コメントは受け付けていません