マジメに見ないと・・・

シジュウカラ・・・らしい。2013/10/27 石垣島

シジュウカラ・・・らしい。2013/10/27 石垣島

 

いつかはちゃんと整理しないといけないとは思うのですが、ついつい面倒になってしまうのがブダイ類の画像。なにしろ、「ややこしい」要素満載なのがこの種類なのです。似たような色と模様、しかも個体による色彩変異も少なくない、同じ種の幼魚・メス・オスのすべてが似ても似つかないetc.etc.。同じように「ブダイは苦手」というダイバーも多いのか、図鑑を見てもネットを検索しても画像資料があまり多くない。そんなこんなで、ちょっと調べてみても結局はよく解らないということで放置してきた画像がだんだんと溜まってきました。

しかし、そんなブダイに興味を持ち始めたマニアックなダイバーもだんだんと増えて来たようで、最近は少ないながらも貴重な情報がネットなどを通じて流れてくるようになりました。その一例としてこのところ名前をよく聞くようになったのが、シジュウカラというブダイ。シジュウカラというとどうしても鳥の名前を連想するので(頬が白いのが共通しているからか?)、最初それを聞いたときはダイバーが勝手にそう呼んでいる未記載種かなにかと思ったのですが、調べてみるとChlorurus japanensisという学名のハゲブダイ属の一種でした。japanensisだから日本固有種かと思いきや、日本で確認されているのは屋久島以南のみのようで、主な生息域は台湾、フィリピン、インドネシアからオーストラリア北岸にまで広がっているようです。

日本では、ごく最近になってネット上で話題になりはじめたこともあり、画像を検索してみても情報が交錯しており、なかなか「これがシジュウカラだ!」という確信が持てないでいます。上の画像の個体も、石垣島のダイブマンで潜っていたときに、「シジュウカラかな?」と紹介されたので、初めてそう認識した次第。確かに、fishbaseの画像と比べるとほぼ間違いないとは思うのですが、次に出会っても認識できる自信はないかなぁ。。。



コメントは受け付けていません