宗旨替え?

クチナシツノザヤウミウシ 2014/01/12 奄美大島

クチナシツノザヤウミウシ 2014/01/12 奄美大島

「魚っちゃー」と名乗るぐらいですから、どちらかと言えばさかな好き。ダイバーに人気のウミウシにはいまひとつ興味が持てずにいました。まあ、たまたま目につけば撮らないこともないのですが、大抵はオートフォーカスで2、3カットだけパシャパシャと撮っておしまい。後で見直すということもほとんどないという愛のなさです。水中写真家の大方洋二さんも「ウミウシは老後のためにとってある」などとおっしゃってウミウシにはほとんど興味を示さないのですが、その理由のひとつには、泳ぎ回るさかなにピントを合わせ、ベストなタイミングを狙ってシャッターを切る・・・というゲーム感覚的な楽しみが、動きの少ないウミウシでは感じにくいというところにあるようです。大方先生は70歳を過ぎた今でも反射神経の衰えは感じないようで、未だにウミウシには手を出していないようですが、私といえばまだだいぶ若いにもかかわらず、いよいよ動きの激しいさかなの撮影には手を焼くようになってきました。そのせいか、今回の奄美大島で撮った画像を整理していたら、意外にウミウシのカットが多かったことに気づいた次第。せっかくなので、たまにはウミウシを並べてみるのも一興かもしれません。

なぜか中層を「泳いで?」いた。

なぜか中層を「泳いで?」いた。

あえてウミウシを探し歩いているわけではないので、今回撮った画像も偶然目についたものばかりです。中でも偶然中の偶然が、水中を泳ぐように漂っていた謎のウミウシ。泳ぐ種類ではないようなので、おそらく前を行くダイバーのフィンに煽られて飛ばされたものと思われますが、面白いので話のタネに3、4カット撮影しておきました。後で少し気になったので調べてみると、これがクチナシツノザヤウミウシというややレアな種だということが判明。伊豆あたりでは水深30メートル前後でたまに見られるということらしいのですが、なんとここでは水深6メートルぐらいのところを漂っていました。そんなに人気のあるウミウシなら、ちゃんと岩の上にでも置いて、もう少しマジメに撮るべきだったのかな?

ウデフリツノザヤウミウシ

ウデフリツノザヤウミウシ

同じツノザヤウミウシつながりということで、おなじみのピカチュウもいました。伊豆ではよく見たけど、あまりに久しぶりなのでウデフリツノザヤウミウシと言う名前もなかなか思い出せませんでした。奄美大島あたりにもいるんですねぇ。2cmぐらいの小さいヤツで、コロンとしたプロポーションがちょとかわいい。

コンペイトウウミウシ

コンペイトウウミウシ

ここから先は、まあ備忘録みたいなもので、珍しくもないヤツ。

_DSC0118

キスジカンテンエミウシ

奄美に通いはじめた頃は、ガイドさんによく見せられて仕方なく撮影していたものです。イソハゼでもいないかと穴を覗いていたら、際の天井に貼りついていました。

ミドリリュウグウウミウシ

ミドリリュウグウウミウシ

コイツも何回か目にはしているのですが、ついでに初めて名前を調べてみました。形を整えることもなく、そのまんま撮影したのでヘンな恰好だ。

ベニゴマリュウグウウミウシ

ベニゴマリュウグウウミウシ

最後のベニゴマリュウグウウミウシだけは、ウミウシ好きガイドのテツさんがわざわざ教えてくれたので、ちっとはうれしいヤツなのかなと思って撮影。ベニゴマだと言うので素人としては鵜呑みにしているだけなんですが、ネットでいろいろな画像と比べてみると微妙に個体差がありますね。ネットに多く載っているタイプが典型的なベニゴマだとすると、この個体はちょっとサガミリュウグウウミウシの特徴も混じっているように感じるのですが、ウミウシを見る目が肥えている方はどう感じられるのかな?

実は、あと何カットかウミウシの画像もあるのですが、いよいよウミウシに宗旨替えした・・・などと思われるのは心外なので、このへんで・・・。

 

 

 



コメントは受け付けていません