ミステリーサークル余波

シッポウフグの仲間 2014/01/12 奄美大島

シッポウフグの仲間 2014/01/12 奄美大島

テレビなどでも放映され全国的、いや世界的にも有名になった奄美の「ミステリーサークル」。実はフグが産卵床とするために作ったものだったわけですが、そのフグはまだ名前もついていない新種の可能性が高いと言われています。これまで、ほとんど知られていなかったために、非常に個体数が少ないのではないかとか、繁殖期にのみ深海から上がって来るのではないか・・・などと想像していたのですが、実は目立たないだけで一年中そのあたりにいるということが分かってきました。今回も1個体だけ見ることができたのですが、砂地にすっかり溶け込んでいるために、ちょっと目を離すと一瞬どこにいるのか分からなくなってしまいました。そのあたりにいることが分かっていなければ、存在そのものに気づかなくても無理はないわけです。

イレズミミジンベニハゼ

イレズミミジンベニハゼ

ミステリーサークルが作られる場所は延々と砂地が続く海底砂漠のような場所ですから、ふだんファンダイビングで行くようなことはまずありません。ところが、去年、今年とテレビの撮影などで現地ガイドさんが潜る機会も増えたせいで、そのあたりでもいろいろな発見があるようになりました。画像のイレズミミジンベニハゼもガイドさんが連れて行ってくれたのですが、砂地の真ん中にパラパラと点在する直径20㎝ぐらいの岩のひとつがその棲み家。他に目的でもなければ、こんなところにわざわざ探しに来るはずもなく、発見されたのもミステリーサークルのおかげと言えそうです。ダイバーが交替で撮影する間、ずっとこのポーズを保ってくれていたよい子でした。

ミジンベニハゼもフォトジェニックでよかったのですが、撮影の順番待ちの間その周囲をうろついていると、私的にはさらに興味ある被写体が泳ぎ回っていました。そのことについては、また次回・・・。



コメントは受け付けていません