500円玉

スミツキトノサマダイyg. 2014.8.23 奄美大島

スミツキトノサマダイyg. 2014.8.23 奄美大島

水中写真を始めたころはよくチョウチョウウオを撮影したものですが、考えてみると最近はめっきりカメラを向けることが少なくなりました。ハゼやスズメダイなどに較べると「種」として安定しているのか、とくに日本産についてはあまり未記載種とか稀種だとかの話もなく、マニアックな興味をひかないこともその理由かもしれません。8月末の奄美大島にはこれまでほとんど来たことがなかったのですが、この時期はチョウチョウウオの幼魚が多いのか、今回は思わずシャッターを切る機会が多くなりました。

スミツキトノサマダイ 3㎝サイズ

スミツキトノサマダイ 3㎝サイズ

スミツキトノサマダイの幼魚はサンゴのすき間を隠れ家にしていることが多いので、なかなかカメラの前に全身をさらしてくれることがなく、撮影には結構根気が必要です。この画像は3㎝ぐらいの「中学生」というところですが、これぐらいになるとサンゴの上を往ったり来たりという感じなので撮影も容易。トップの画像はそれよりひと回り小さい500円玉サイズぐらいですが、兄貴分がついているので安心なのか、こちらもほとんどサンゴの中に隠れることはありませんでした。

とってもシャイな500円玉サイズ

とってもシャイな10円玉サイズ

別の場所に単独でいたのは10円玉ぐらいのおチビさん。直径30㎝ぐらいのサンゴの中からまったく出てこないので、枝と枝の間を通る一瞬を狙ってシャッターを切るしかありません。チョコマカ動くスズメダイの赤ちゃんも撮りにくいけれど、これはそれ以上かもしれませんね。同じ種類のチョウチョウウオでも、まん丸から成長にしたがってだんだん体型が横長になっていくのが、面白いところです。

ミスジチョウチョウウオyg.

ミスジチョウチョウウオyg.

ミスジチョウチョウウオは奄美・沖縄ではごく普通にいるので、幼魚もあちこちで見かけました。普通種とはいえ淡い色彩がなかなかシックで、とくに幼魚のうちは美しく思えます。

アケボノチョウチョウウオyg.

アケボノチョウチョウウオyg.

成魚も派手なアケボノチョウチョウウオは幼魚もやっぱり派手。こんなに目立つのにあまり隠れることもなく、ゆっくり撮影させてくれたいい子です。こうして、500円玉ぐらいのチョウチョウウオ幼魚を撮っていると、伊豆でトゲチョウやフウライチョウを喜んで撮っていた頃が懐かしく思えます。人間、贅沢になれちゃあいかんなぁ。



コメントは受け付けていません