魚露目in石垣島

ハダカハオコゼ 2010/05/01 石垣島

ハダカハオコゼ 2010/05/01 石垣島

ひと足先に終わってしまった連休は石垣島で過ごして来ました。もちろん最新兵器の魚露目8号も持っていったのですが、使い方が分かってくるとこれ、ものすごく面白いカメラです。

COOLPIXのレンズの先に魚露目8号を装着すると、ズームが最望遠側のときで超ワイド、ややワイド側にすると円周魚眼の効果が得られます。左の画像がその一例ですが、よい被写体に恵まれたこともあり、なかなかいい雰囲気になりました。ちなみに、同じ被写体を最望遠側で撮ると右下のような感じになりますが、それでも魚と後ろにいるダイバーをしっかり入れ込むことができます。

最望遠側で撮るとこんな感じ・・・・

最望遠側で撮るとこんな感じ・・・・

例によって、セッティングはお手軽仕様のS2000を1灯のS-TTL。露出はオートでもそこそこ行けますが、ハイライトが白飛びしたり、画像周辺部の流れが気になることも少なくないので、どちらかというとアンダーめの設定がいい効果を呼ぶようです。ワイドながら手ぶれの影響も受けやすいので、シャッター速度も1/125以上ぐらいにセットしたほうががいい結果につながる気がします。

ところで、このハダカハオコゼ君、少しでも高いところから泳ぎ回るスカシテンジクダイを捕らえようと、イソバナによじ登ってしまったようです。すぐ横をスカシテンジクダイが通過していくと一生懸命頭を動かして獲物を追うのですが、いかんせんあまりに動きがのんびりしていてまったく追いつきません。こんなんで、食事にありつけることなんかできるのかなぁ・・・・。


コメントは受け付けていません