Archive Page 4

只今リハビリ中

同居人 2013/06/29 奄美大島 

長い間更新が滞りましたが、昨年秋以来、腰痛→引越し→腰痛という流れでしばらくダイビングから遠ざかっておりました。一旦間を置くと気分的にも腰が重くなり、ついつい復帰も先送りになっていましたが、6月末の奄美大島からやっと再開することができました。

あまりのご無沙汰で海の神の怒りを買ったのか、復帰後はいまひとつ海況に恵まれず。奄美では強風のために短い日程がさらに短縮されて1日しか潜れず、2週間後には石垣島でリベンジの予定がもろ台風に当たるハメになってしまいました。というわけで、いまのところリハビリ程度にしか潜っていないのですが、少しずつブログのほうも更新していきたいと思います。

これだけ間が開くと、さかなの名前は思い出せないし(単に歳のせいという話も・・・)、カメラを持ってもピントは合わないは(単に老眼が進んだだけという話も・・・)、シャッターチャンスは逃がすは(単に反射神経が衰えただけという話も・・・)で、ロクな写真が撮れません。ここは、少し肩の力を抜いて、気楽に水中写真を楽しんでみるのもいいかな・・・ということで狙ってみたのが上の写真。希少種や珍しい生態を狙うばかりが水中写真の世界ではないなと、あらためて再認識したのでした。

悩む季節

オガサワラカイカムリ? 2012/7/16 石垣島

 

ここ数年、毎年この季節になると悩みの種なのが恒例の写真展「海で逢いたい」に出す写真のこと。腰痛でしばらく海から遠ざかったこともあり、その後も寄る年波のせいかなんとなく億劫で、結局2012年に海に行ったのは4回のみ。うち1回はビデオカメラしか持って行かなかったので、いいカットを選ぼうにも選べる写真がなかったのです。それでも、古い写真を引っ張り出して来るのはシャクなので、無理やり去年撮った中から数カットをひねり出してきました。大方洋二先生にも相談して、出展する作品は別の1カットに決めたのですが、残りのカットも未発表は未発表なので、この際在庫一掃。これを逃すと、永久に日の目を見ないことになりそうだし・・・。

 

これまではさかな、それもなるべく生態を感じさせる画像にこだわってきたのですが、これだけ潜った本数が少ないと印象的な生態シーンに出くわすチャンスがあるわけもなく、また少し気分も変えてみたかったので、あえてエビ・カニなども選んでみました。とは行っても元々さかな以外にはあまり興味がないので、ガイドさんが教えてくれたものをパシャパシャと撮っただけですから、「作品」などと威張れたものではありません。この通称ユキンコボウシガニもそんな被写体のひとつですが、掲載するに当たって改めて調べたら、最近オガサワラカイカムリという種らしいということが分かって、沖縄方面ではちょっとしたブームになっていたようです。結構いい加減に撮ったのでシャッタースピードの設定を間違えブレブレになってしまいましたが、偶然にも「顔」の部分だけしっかりピンが来ているので面白い結果になったと自己満足しています。しかし、大方先生はあまりピンと来なかったようなので、ボツ。。。

 

「悩む季節」の続きを読む

ヨロンスズメダイだって?

ヨロンスズメダイ 2005/05/05 屋久島

11月5日、長年標準和名がつかずにいたままだった「アイランド・グレゴリー」(Stegastes insularis)に、「ヨロンスズメダイ」という名前がつきました。鹿児島大学の研究生による論文が魚類学雑誌に掲載されたのですが、その元となる標本が与論島での調査で得られたため、このように命名されたようです。

案の定・・・というか、周囲のダイバーの間でこの名前はあまり歓迎されていません。

初めてアイランド・グレゴリーなるスズメダイを見たのは、八丈島のレグルスダイビングで加藤昌一さんに教えてもらった時でしたが、もう8年ほど前のことになります。それ以来、近似種のフチドリスズメダイやアイスズメダイなどとともに、八丈島や奄美大島などでも観察を続けてきたさかななので結構思い入れは深く、いきなり縁もゆかりもない「ヨロン」と言われても「えーっ、なんで?」と思ってしまうのは仕方ないところ。しかも、論文掲載の前まではクリスマス島と日本では南鳥島でしか確認されていないとされていて、その後、沖縄の島々から薩南諸島、小笠原、伊豆諸島南部まで広く観察例が報告されてきたという経緯もあり、それだけに与論島だけに代表されるのには違和感も感じてしまうのです。

まあ、標本の採集地に因んで和名がつけられる例は魚類学の世界では普通のことだし、素人が文句をつける筋合いの話ではないのですが、こういう例を見るにつけ、「名前」をつけることの難しさを痛感してしまいます。標準和名というのはある意味客観的な「記号」でしかないのですが、人それぞれには経験に応じた「想い」というものが「名前」と深く結びついています。「区分」することを最優先する分類学的立場と、「情感」とともに意識する一般人的立場とは必ずしも一致するものではなく、そのズレが新しい標準和名が決められるたびにダイバーの胸に去来するモヤモヤを生じさせているのではないでしょうか。

 

「ヨロンスズメダイだって?」の続きを読む

お手上げです

アオウミガメ 2012/09/22 八丈島

 

うーん、更新しなくっちゃ・・・と思いつつスランプが続きます。9月以来海にも行ってないし、更新するネタもないので当然といえば当然なのですが、最近潜ることへのややモチベーションが下がりつつあるので我ながら心配です。まあ、義務感で潜っても楽しくないだろうから、しばらく間を置いてみるのいいかもしれませんね。

たいやきとの再会

アイランド・グレゴリー 2012/9/22 八丈島

 

2004年頃だったでしょうか。まだ元気いっぱいで八丈島に通っていたころ盛り上がったのが、当時はまだよく解明されていなかったクロソラスズメダイ属の未記載種です。英名で言うアイランド・グレゴリー(Stegastes insularis)がそれなのですが、あれから何年も経っているのにいまだに和名がついていません。ウワサによると専門家の研究もだいぶ進んでいるようなので、「日本人」になるのもそんなに先の話ではないのかな? いったん分かってしまうと奄美大島など別の場所でも見つかり、その後はあまり気にもしていなかったのですが、今年の八丈島ではかなり多くの幼魚が見られ、久しぶりにカメラを向けてみました。しかし、あまりに久しぶりなのでフチドリスズメダイとの差が思い出せん・・・。

 

「たいやきとの再会」の続きを読む

過熱愛

シロボシスズメダイ 2012/9/22 八丈島

 

沖縄あたりではとっくに繁殖シーズンのピークは過ぎていると思うのですが、八丈島ではあっちでもこっちでもスズメダイの仲間が卵を守っています。そして、シロボシスズメダイなどはまだ「恋のシーズン」真っ只中。顔面を真っ白にして「やる気まるだし」のオスが、大興奮でメスに迫りまくっていました。それは「熱愛」を通り越して「過熱愛」とでも言いたいほどの激しさです。

 

「過熱愛」の続きを読む

案ずるよりも・・・

八丈島と言えばユウゼン 2012/9/22 

 

昨年、ウイークポイントの腰が悪化して以来ビーチ・ダイビングからは1年以上遠ざかっていました。その後腰のほうはかなり快復したものの、今年は猛暑でバテバテということもあってか、ダイビングに関してはかなり億劫な気分が続いていたのです。こうなると、八丈島あたりに行こうと思っても、過去の辛い経験だけが思い出されて二の足を踏んでしまいます。激しい流れに逆らい息を切らしての遠泳、深場に行った後の長い減圧タイム、大波に揉まれての崖登りエキジット・・・。元気な頃はそれも楽しみのうちですが、ちょっと身体が弱ってくるとそんなマイナス・イメージばかりが浮かんできてしまうのでした。

そんな折、友人に誘われて重い腰をあげ、1年ぶりの八丈島行きが決定。去年はビーチ・ポイントが荒れてボート・ダイビング・オンリーだったので、ナズマドのビーチ・エントリーは本当に久々です。果たして、無事にエキジットできるのやら・・・ということで、とりあえず土曜日1日だけサクッと潜り、日曜日の朝には帰るという軽めのスケジュールをたててみました。

で、結果からいえば海はベタなぎ、流れなし、潮位も高くて出入りもラクラク・・・と、最高のコンディションにも恵まれ八丈ブルーを満喫できたのでした。ガイドさんには、「深場厳禁、減圧厳禁、遠泳厳禁」と、わがまま放題のリクエストを出したおかげで、3本しっかり潜ってもまだ余裕。案ずるより産むが易しとは言いますが、今度はもう少しゆっくり行ってみようかな。

と、言うことで今回は複雑なことはな~んも考えずに海に浸って来ました。こういうダイビングもまた捨てがたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一足お先にミステリーサークル!

ミステリーサークル? 2012/6/16 奄美大島

 

6月の奄美大島行きにはあわよくば見たかったものがあり、幸いある程度は撮影にも成功したのですが、これまで発表は封印しておりました。それが上の画像の「ミステリーサークル」と呼ばれている、海底の砂地にできた円形の造形物なのですが、その謎は現地ガイドさんらの継続的観察により少しずつ明らかになってきていました。そして、この夏ついにNHKの取材班が入り、9月9日の「ダーウィンが来た!」で放映されることになったのです。6月の奄美では偶然NHKの撮影クルーとご一緒させていただき、そのご縁もあって事前の発表は自粛していたのですが、放映まで1週間も切りましたので勝手に前宣伝にもなると解釈し、満を持しての更新です。

 

「一足お先にミステリーサークル!」の続きを読む

アカメハゼの産卵?

アカメハゼ 2012/7/16 石垣島

 

ガイドさんに呼ばれて行ってみると、枝サンゴの先っぽのほうに、アカメハゼが2匹いました。サンゴの先端が白くなっているのは、アカメハゼが産卵床を作るためにサンゴのポリプを除去したためですから、そこにペアがいれば当然産卵している可能性が高いわけです。すでに産みつけられた卵を単独の親が守っているのは何回か見たことがあるのですが、まさに産卵しているところはまだ見たことがないので、期待しながらしばらく様子を見ることにしました。

しかし、2匹はサンゴの白くなった部分の中をあちこち移動するだけで、なかなか接近することがありません。このような場所で産卵する他のさかなの例では、メスが産卵したらオスはすかさずダッシュして放精するのがこれまで見たことのある産卵行動のパターンでしたが、そのような様子がまったく見られないのです。なのでこれは産卵前の求愛の段階かとも思ったのですが・・・・。

「アカメハゼの産卵?」の続きを読む

物件下見?

ツマジロモンガラ 2012/7/15 石垣島

 

伊豆や伊豆諸島で見慣れていたはずのさかなでも、沖縄などで見るとなんだかイメージが違って、「あれ? これなんだったっけ?」と混乱してしまうことがあります。上の子はそれ以外に思い当たるものもないのでツマジロモンガラでよいと思うのですが、全長4cmぐらいの小さめなヤツが何個体か砂地を泳ぎ回っていました。それぞれは単独で行動しているのですが、気になって一応撮っておこうと近寄ると、これがかなりの広範囲を移動します。点在する石に近づくとひとしきりその周囲にとどまり、ふいに思い出したかのように泳ぎだします。一旦泳ぎ始めると、目的地があるかのようにスイスイと進み、また石を見つけると寄り道・・・ということの繰り返し。そして、ある石に立ち寄ったところで奇妙な行動を始めました。石の下の少し砂がえぐれた穴に頭を突っ込み、餌でも探しているかのように突いている・・・と思ったら、出てきたときには口に小さな石をくわえていたのです。こんな調子で2つ3つほど石をつまみ出したので、てっきり巣穴でも作っていると思ったのですが、また突然フイッとそこから泳ぎ去って行きました。巣穴づくりに着手したものの気に入らなかったのか、夜のためにねぐらを物色していたのか、それとも小石の下に餌となる生物でも見つけたのか? 理由はさっぱり分かりませんが、単なる遊びとは思えないので、なにか意味がある行動なんでしょうね。

 

「物件下見?」の続きを読む